荒浜ロックとは?

開催のきっかけ

私たちスタンドアップ亘理は震災後、一人でも多くの子どもたちを笑顔にしたいと様々なイベントを開催してきました。
その一つとして音楽イベントの運営に携わったとき、音楽によって年齢も、性別も関係なく、その場にいたたくさんの方々が笑顔になっていたのを目の当たりにしました。

“子どもが笑顔だと、大人もまちも活気づく”ということを実感し、音楽の力をまちづくりにいかせないだろうかと考えるようになりました。

にぎわいを取り戻す

震災前の亘理町荒浜は、夏には海水浴と花火大会に人が集まる観光地でした。

震災により、まちのおよそ50%が浸水し、その後の観光客は50%も減少しました。

現在荒浜周辺では、きずなポートわたり、荒浜にぎわい回廊商店街がオープン、2018年にはわたり温泉鳥の海の宿泊が7年ぶりに再開されるなど、震災前の活気が少しずつ戻ってきています。

荒浜”ロック” ≠”ロックンロール”

2015年8月9日に前身となる”荒浜ロックフェス”を初開催し、2017年に”荒浜ロック”と改名、地元の皆さまや、アーティストの方など、本当にたくさんの方々に支えられ、これまでに6,000人の皆さまに足を運んでいただきました。

荒浜ロックの”ロック”は、音楽ジャンルの”ロックンロール”ではありません。

前に進もうとしている”力強さ”、にぎわいを取り戻すといいう”固い決意”を表しています。

亘理が元気になるためには、荒浜のにぎわいが絶対必要です。亘理のファンを増やし、子どもも大人も、そしてまちも活気づく、そんな思いを込めて”荒浜ロック”を開催します。

開催概要

◆イベント名:

荒浜ロック2018

◆主催:

スタンドアップ亘理

◆テーマ:

亘理が元気になる為には、荒浜の活性化が絶対必要!

◆日時:

2018年9月1日(土) 10:00〜17:00

◆会場:

わたり温泉鳥の海 西側駐車場(宮城県亘理郡亘理町荒浜築港通り)

error: Content is protected !!